Skip to content

おはようございます。

総務課小川です~

今日は新潟県胎内市雪が積もりました!

 

秋が終わって樹木から葉が全て落ち、

落ち葉のお掃除から解放されて喜んでいたのも束の間…

やってきました、この季節。

 

雪かきシーズン到来です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季初の雪かきだったので、

手袋を持っていない人続出!

みんな手を真っ赤にしてがんばりました。

 

雪かき時にコートだと困るのが、頭に雪が積もる現象なんですよね~

傘をさすわけにもいかないし、フードなしのコートだと困ってしまいます。

女性陣はストールをぐるぐる巻きにして、おばあちゃんスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次長はこのスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかにも建設業って感じですね!素敵です!

雪かき時にも頭にはヘルメット。安全管理は怠りなしです。

 

私も次長をみならって、いつでも準備万端で雪かきに挑めるように、

雪かき道具セットを会社に常備しようと思いました~!

カテゴリー:雑記

こんにちは!総務課小川です。

今日は土木工事の現場紹介を行います!

 

[小杉低水護岸その1工事]

 

阿賀野川左岸蔵岡地区付近で行っている護岸工事です。

 

阿賀野川の湾曲部では水の流れが強くあたって堤防の根元や河の底が深く削られ、

このまま対策をしなければ他の場所に比べ、増水時に堤防が危険な状態になる可能性があります。

そのため、堤防の補修と強化を目的として枝で組んだ粗朶や石、コンクリート製品等で覆う工事を行っています。

 

 

 

 

 

今回は、粗朶沈床(そだちんしょう)の場面をちょうど見学させてもらいました!

土木の大野さんが丁寧に教えてくれました(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「粗朶(そだ)」は聞きなれない用語ですが、

樹木の幹や枝を格子状に組んでマット状にしたものを指します。

 

上の写真が完成後の粗朶(そだ)、

下の写真が組み立て中の粗朶(そだ)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この粗朶を、沈石を投入して川底に沈めるから「粗朶沈床(そだちんしょう)」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治初期にオランダから伝わって以来、現代まで受け継がれてきた伝統工法です。

 

 

んと!!!

 

粗朶沈床(そだちんしょう)は全国的にみても、

新潟県の信濃川、阿賀野川の一部の地域でのみ施工される珍しい工法なんです。

 

高度成長期にはいると、護岸工事の工法は粗朶沈床(そだちんしょう)から、

全国的にコンクリートやブロックによる護岸に取って代わられたのですが、

ブロック等では信濃川、阿賀野川ではそれらは洗掘防止の機能を十分に果たしませんでした。

 

信濃川、阿賀野川の河床は非常に細かい粒子で構成されているため、

ブロック等では河床に埋もれてしまうのが原因です。

 

粗朶(そだ)は、しなやかに曲がって多少の変化にも対応できるため、

施工されたブロックなどの工作物を長い期間守ることができます。


新潟県の信濃川、阿賀野川柔軟な粗朶(そだ)と強固なブロック等を上手く組み合わせて堤防をつくっています。

 

しっかりと堤防を守ってくれる他にも、こんなメリットがあります。

 

〇粗朶沈床(そだちんしょう)メリット

・粗朶(そだ)の格子状のすき間は、水生生物の生息空間となるので生態系が豊かに!

・ブロック等を使用する工法は製造時に大量の化石燃料を使うのに対し、環境負荷が少ない。

(粗朶沈床工法の環境負荷は、ブロック等による工法の1/2744との報告も!)

 

これらの利点から、最近環境保全の観点から見直されています。

新潟でしか行われてなかった珍しい工法だったのですが、

もしかしたら、粗朶沈床(そだちんしょう)の工法は新潟から全国へ広がっていくかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小野組はこういった工事も手がけております(*^_^*)

カテゴリー:現場紹介

こんにちは。管理部小川です。
お中元やお歳暮、おみやげなどの会社あての頂き物は、

15時におやつとして頂いたり、みんなで分けて持ち帰らせてもらったりしています。

 

先日、ねぎが60kg社内にある・・・という事態が発生しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜねぎが社内に・・・大量に・・・疑問が止まらないのですが、ありがたい限りです。

 

 

管理部女性陣が、持ち帰り用に新聞紙でねぎをまきまき。

ひたすらまきまき。4,5本1組のねぎセットのできあがりです。
ででーん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなの目に付くように、従業員通用口にどっさりねぎです。この時点で午後2時半。

 

みなさんが忘れないようにこれでもかと、ねぎアピール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通用口の扉にも「ねぎ もらって下さい」貼り紙。
その甲斐あってか、午後4時にはこの状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
あきらかにねぎ減ってます。午後5時には完売!!!!!
大人気のねぎでした~

 

以上、ある日の小野組本社の日常でした!

 

カテゴリー:雑記

お誕生日会

11-28-2016

 

こんにちは!総務の坂上舞です。

 

今日は、10、11月生まれの方たちのお誕生日会でしたー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も中条グラウンドホテルさんのカレーライスバイキングです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、三種のカレーなんですよ~。

ほぼ手前のカレーしか見えないんですが、

手前のがきのこ系。真ん中が茄子とパプリカ系。奥が豚の角煮系。

という風にしか私には見えませんでしたが阿彦先生に正しい名前を聞いたところ、

手前がシュリンプきのこカレー。真ん中がベジタブルカレー。奥がポークカレー。

だそうです!全く違いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段あまり顔を合わせない人とも話したり触れ合ったりできるのが

このお誕生日会のいいところだなぁと思います!

私はまだ入社したばかりなので、この機会が本当に重要です。

 

そして最後には、おいしーいケーキをご馳走になりました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月のお誕生日会は、癒し系な方が多かった気がします^^笑

皆様、お誕生日おめでとうございます♪

 

カテゴリー:イベント ,未分類

こんにちは~総務課小川です。

久々の投稿です。間があいてしまってすいません(;O;)


実は小野組、ただ今求人動画作成中です!!!


デザイン事務所さんにお願いしているのですが、

「小野組ってこんな会社だよね」「ここを伝えたい!」など、

直接社長が熱い思いをお伝えして、製作していただいています。

 

先週はその動画の撮影をしてきました。

デザイン事務所の方と若手社員とで、地元・胎内市の海沿いの「村松浜」へ。

村松浜は映画ストロボエッジの撮影地にも使用されたところなんです。

風力発電がずらっと並んでいるあの海岸通りです。

撮影日は新潟では珍しい晴れのお天気。

 

場所を変えて、景勝地である「樽が橋」へも。

木々の緑や紅葉が青空に映えて綺麗でした。

 

胎内市はやっぱり自然が豊かですね(*^_^*)

小野組PRじゃなくて、

危うく胎内市観光PRになるんじゃないかぐらいの勢いで

よい絵が撮れたかと思います!

 

どんな動画ができるかは乞うご期待です!

 

求人活動をひかえている学生さん向けですが…

12/3(土)朱鷺メッセで行われる

リクナビ主催イベント「インターンシップLIVE新潟」

で初公開予定です!!!お楽しみに~(*^_^*)

カテゴリー:求人関係

 

こんにちは、総務坂上です。

 

実は、小野組『ロクワの家』がテレビのCMに出ました~!

 

 

 

 

じゃん。

 

 

 

 

もういっちょ、じゃん。

 

 

 

 

 

おまけー(´∵`)

 

 

 

UXの『今村均 元陸軍大将』の特番で、15秒のCMが4回放送されました。

 

 

 

この木の感じとか、すごいいいですよね~暖かさを感じます。

 

 

 

このCMをブログネタにしようと坂上は一人テレビの前で正座をし、

 

画面と20分間にらめっこしてましたところ、

 

当たり前ですが足がしびれました。

 

 

 

ということで、もう終わってしまったのですが

 

10/29() 30() 『ロクワの家 “完成見学会”』開催中

 

でした!!

 

 

少しでも興味を持った方は「小野組」でポチッしてみてね◎

カテゴリー:未分類

こんにちは~

管理部小川です。

近頃は冷え込んできて、日も短くなってきたし、

すっかり秋になったなあ~って感じますね。

 

 

構内清掃のときにも、落ち葉が緑から黄色に変わっていて秋を感じます。

とはいっても、秋は格段に落ち葉の量は多い、

雨で湿った落ち葉がなかなか掃けない、

カラカラのときは風ですぐに飛んでいってしまう…と、ちょっと夏よりも大変です。

 

毎日当番をきめて行っているのですが、

この日は大量の落ち葉だったので管理部総動員です。

課長も次長も常務もお掃除です。


 

お客様に気持ちよく来社していただくように、と

こんな感じで毎日構内清掃を行っております!

カテゴリー:雑記

こんにちは~

 

管理部小川です(*^_^*)


先週、生活習慣病予防健診を実施しました!


毎年、巡回健診をお願いしていて本社で健診を行ってます。

 

 

今年は、増築した新しい会議室での健康診断です。

 

毎年行っている健康診断ですが、会場が違うとちょっと新鮮な感じがします。

 

 

健診会場内をちらり。

 

 

お話をしながら順番待ちです。

 

リラックスモードなのか、結果にドキドキしているのか…どっちなのでしょうか。

 

 

わたしは受付担当のみで受診対象ではなかったので、

 

みなさんとお話して気楽に過ごしておりました~

 

 

現場にいっているみなさんと毎日接点があるわけではないので、

 

実は、毎回受付をしながらもこういう機会を楽しんでいます(*^_^*)

 

 

ちなみに、ずっと気になってたんです。

 

”健診”と“検診”の違いを。

 

ちょっと調べてみましたー!

 

 

”健診”は、「健康診断」の略で、健康であるか否かを調べるために行う診断のこと。

 


”検診”は、病気特定の病気を早期発見し、早期に治療することを目的とした診断のこと。

例))「ガン検診」や「歯科検診」など

 

 

 

・・・らしいです!!!

 

みなさんご存知かもしれないのですが、

 

わたしは「へえ~」と思ったのでご紹介しました(*^_^*)

 

(総務課先輩の駒沢さんから30へえ、いただきました!!!)

 

カテゴリー:年間行事

こんにちは。総務課小川です。

本日は、土木事業部のODSC会議がありました。

ODSC会議は、目標すり合わせの場になります。

 

ODSC会議導入前は・・・

・現場担当者、積算担当者、関係者数人で工事の概要確認

・照査、問題点、対策に時間がかかる、漏れがある、良い知恵がでてこない

こんな状況で現場に突入していました。

 

そこで、ODSC会議の出番です。

目標すり合わせのために会議を早めに実施します。

集まる人たちは、ベテラン・若手・他部門の者10名程度です。

 

 

そしてこんなステップで会議をします。

 

 

①工事概要の説明

 

(今回は入社1年目の女性技術者が担当しました。)

現場担当者だけでなく、異なる多くの目で見て、話して、考え、

様々な質問を通して現場・設計を把握し、問題点、対策を見つけだします。

 

 

 

②ODSC(目的・成果物・成功基準)の確認


ここでやっとODSCの説明です。

O…Objectives      [目的]

D…Deliverables     [成果物]

S…Success C…Criteria [成功基準]


工事の目的、成果物、成功基準を全員で考えていきます。

当たり前のことを確認しているかのように見えますが、とても大切なんです。

 

 

例えば、今日取り上げた「堤防浸透対策工事」ですが、

建設業が行うことはもちろん「丈夫な堤防をつくること」。

でも、その堤防さえ完成すればいいんでしょうか。

 

なんのために、私たちは工事をするのでしょうか…

もっと深掘りすると、工事の本当の目的は、

それは、川の近くの住宅を水の氾濫から守ること、

地域を災害から守ることです。

 

目的は、「地域を災害から守ること」であって

そのための手段として「丈夫な堤防をつくる」ことがあります。

 

それを確認、共有することが、

住民の皆さんに喜ばれる公共工事につながると思い、

ODSC会議を行っています(*^_^*)

 

カテゴリー:取り組み

土木の絵本

09-30-2016

こんにちは、管理部小川です。

 

今日は、「土木の絵本」のご紹介です。

 

 

「土木の絵本」は、以前(財)全国建設研修センターが企画・発行していたものですが、

現在は絶版となっていた本でした。

小野組では製本しなおし、地元の銀行と協力して

胎内市内の全小中学校、図書館、公民館へ「土木の絵本」を寄贈しています。



 

どんなことが書いているかというと…例えば、このページ。

 

 

僧侶が土木工事を行っていたことが書いてあります。

「なぜ僧侶が土木工事を?」と、大人でも思うかもしれません。

 

そのキーワードは福祉です。

仏教では、他の人を助けることを「利他行」といいますが、

土木の仕事とはまさに利他行、生きるための困難を取り除き、民衆のための幸せづくりです。

まさに土木の本質ですね(*^_^*)

(下記URLからPDFで全5冊分読めます!ご興味のある方はぜひ。)

http://www.jctc.jp/about/dobokuvideo

 

どうして小野組が「土木の絵本」を製本、寄贈しているのかというと…

土木事業が町を守り生活する上でとても重要であるということを、

子どもたちをはじめ、多くの方々に知ってほしいとの想いからです。

土木は、安全で質の高い社会資本の整備をする使命を背負っている誇りある職業だと思っています。

ですが、近年の建設業界では業界に入ってくる若い方々の

著しい減少によって、将来の人材不足が指摘されています。

 

小野組ではそんな状況を憂うのではなく、「今できることはなにか」と考えた結果、

子どもたちに土木業界の必要性や魅力を伝えることだと考えたのです。

 

小野組は、短期的にみた自社への求人のみではなくて、

長い目で建設業全体をみて、人材確保・人財育成を考えているんですね(*^_^*)

カテゴリー:取り組み