地域と繋がり、共に成長!

action

2021年8月にスタートした「スタンダード新潟」とのコラボ企画『小野組PRESENTS S⇒motion』―4回目となる2022年夏号は社員のお子さんが所属する「村上野球塾」を取材させていただきました。スポーツを頑張る子どもたちとその親御さんを応援する連載企画は社内外でご好評いただき今年度も引き続き特集が掲載される予定です。

子どもの頑張る姿が励みになる

今回は息子の所属する「村上野球塾」を特集していただき本当にありがとうございました。子どもたちだけでなく、塾長をはじめ親御さんたちがとても喜んでいました。人数の少ないチームですが、子どもたち一人ひとりがお互いに本当に仲良く、大好きな野球と向き合っています。これからも野球を通して息子がたくさんのことを学べるよう応援していきたいと思っています。

スポーツが結ぶ人と人、心と心

この夏号で特集させていただいたもう一つのチーム「KAAC/江南高校特別支援学校放課後活動クラブ」は2011年に発足したクラブです。現在はバスケットボール18名、フロアホッケー18名、アートクラブ9名と所属しています。外部のコーチをはじめ、親御さんやOBの方々が協力し合って運営しています。体育館にお邪魔すると「挨拶の声は大きく!」「返事しなさい!」など活気あふれる様子が伺えました。メニューについていけないチームメイトに「がんばれー!できるよー!」とみんなで励まし合う姿に胸がじーんとしました。スポーツは人と人をつなぎ、心と心を繋ぐ素敵なものだと感じました。そして、そのご縁に小野組が仲間入りできたことに改めて感謝しました。

過去の記事をご紹介 社員のお子さんが登場

クレーシェFC

小野組はスポーツを通じて子どもたちの成長を応援しています!!

この記事を書いた人

地域の子どもたちと関わることが大好きです

総務セクション 中川千恵

  1. 建設に次世代を担う「人」を育てる。

    action
  2. 小野組の「今」を発信する。

    action
  3. 小野組の「やさしさと思いやり」

    action
リーダーシップを育てる!小野塾
小野組 リクルートサイト
OnoNote トップへ